【glee/グリー】キャストが魅せてくれる圧巻の歌声の秘密とは!?

大人気海外ドラマのglee!

ストーリーも面白いのですが、何と言ってもキャスト!
キャストの皆さんの歌声!!

gleeは、オハイオ州のマッキンリー高校という高校のgleeクラブが舞台となっている海外ドラマです。

落ちこぼれのさえない生徒たちが、バカにされながらも努力をし成長していく笑いあり涙ありのストーリーです。

本日は、海外ドラマgleeの最大の魅力であるキャストの皆さんについてみていきます!

圧巻の歌声!gleeのキャストに迫る!

あんな声になりたい!レイチェル!

gleeを見た人の多くが歌声を大絶賛するキャストは、主人公レイチェル役のリア・ミシェル。

1986年ニューヨーク生まれ、幼い頃から舞台に立っており、初舞台は『レ・ミゼラブル』。

5オクターブ出るという歌声はとにかくかっこいい!!!
迫力があって美声で、本当に聞き惚れます。

あんな声で歌えたらどんなに気持ちいいんだろう…と思います(^ ^)
私事ではありますが…私このレイチェルの声が、憧れの声なのです!!

レイチェルだけではなく、gleeを見るとキャストの虜になる人はとても多いんですね。

ではでは、キャストの歌声についての感想を見てみます。

初めて見た時、キャストの歌声に圧倒されました!
いつ何回聞いても感動します!
(Amazonカスタマーレビュー)

このドラマの主役はあくまでも素晴らしい歌唱です。
また、次は何の曲をやってくれるんだろうと、ワクワク・ドキドキしながら楽しめます。
曲もジャンルとか関係なしで嬉しいです。
自分が名曲と思っていた歌が、次々と演じられる嬉しさ。。。このドラマがヒットした理由はそこだと思います。。
珍しく応援したくなるドラマです!
(Amazonカスタマーレビュー)

そうですよね。
gleeの魅力はキャストの歌唱力と、選曲だと言っている人がとても多いです(^ ^)
次はどんなステージを見せてくれるのか、ストーリーが進む度に楽しみです!!

大好きなglee、やはりすばらしいドラマです、出会えてよかった。
もともと洋楽が好きな私でしたがこのドラマでいろんな曲を知れました、人種やセクシャルマイノリティについて考え方がかわりました。
(Amazonカスタマーレビュー)

やはりエンターティメントの世界では、アメリカには敵いませんね。
みんな歌が上手いのなんのって。これはハマります。
(Amazonカスタマーレビュー)

ちなみに、レイチェルが歌う歌で私が一番好きなのは、【Don’t Stop Believin】‘です!

原曲はJourneyというアーティストの曲なのですが、私はgleeバージョンの方が好きです( ̄∇ ̄)

この曲は、gleeシーズン1の看板曲と言ってもいいですね!

一曲目に流れますので、ぜひぜひ注目してドラマをご覧ください!

gleeでは色んなキャストが色んな曲を歌うのですが、私のように原曲よりgleeの方がいい!と思う人は多いようです。

中にはこんな意見も…。。

洋楽の知識が全くない自分にとってはポカンとなる時間が多くて、楽しめませんでした。

結局のところ、劇中曲が好きかで評価が全く違うと思います。
どんなに曲が名曲で有名だろうと、洋楽を全く知らない自分みたいな視聴者が興味を持つのはきついかな、と。
洋楽に詳しい方なら、とても楽しいんだろうなと思います。
(Amazonカスタマーレビュー)

このドラマの主役はあくまでも歌唱です。
洋楽が好きな人は、次は何の曲をやってくれるんだろうと、ワクワク・ドキドキしながら楽しむことができます。
自分が名曲と思っていた歌が、次々と演じられる嬉しさ。このドラマがヒットした理由はそこだと思います。
ただ、そうでない人や、ドラマが好きな人にとっては、面白さが半分だと思います。
(Amazonカスタマーレビュー)

音楽、特に洋楽に全く興味がなければ、そこまでハマらないのかなとは思います。

しかし、私実はgleeでキャストの方の歌を聴くまでは、そんなに洋楽知らなかったし、J-POPしか聴かない人間だったのですが、gleeをきっかけに好きになりました( ̄▽ ̄)

ですので、一度見てみると好きな音楽の幅も広がる可能性がありますね☆

包まれる優しい歌声…フィン!

次にご紹介するキャストは、gleeのメインキャストのもう一人、フィン役のコリー・モンティスです。

1982年カナダ生まれ、大きな身体、優しい雰囲気から出される包まれるようなコリーの歌声に魅了された女性は多いでしょう。

コリーはgleeに出演するまでは、歌の経験はほとんどなかったとのこと…驚きです!!
アーティスト活動もしていたんじゃないかというくらいの歌声だからです。

もっともっとコリーの歌を聴いていたかったのですが、とても悲しいことに2013年7月、31歳という若さでこの世を去りました。

gleeには欠かせない存在だったフィンなので、キャストはもちろん、多くのファンが悲しみました。

※フィン役のコリーの死、その後のgleeについて、詳しく知りたい方はこちら!!
(glee シリーズに飛ばす予定)

フィンがドラマの中で歌う曲の中で、特にオススメなのは【No Air】です。
フィンとレイチェルのデュェット曲ですが、綺麗な声がより伸びやかに心地よく感じれる素敵な曲です。

こちらの原曲は、Jordin Sparks,Chris Brownというアーティストです。

こちらの曲も、シリーズ1にて聴くことができますよ☆

脇役のキャストの実力もすごい!?

ここまでご紹介してきた、レイチェルとフィンがgleeのメインキャストにはなるのですが、この2人以外の脇を固めるキャストたちも、1人1人が主役を張れるくらいの実力の持ち主なんですね。

その中でも特に私が好きなのは、メルセデス役のアンバー・ライリー。

黒人さんのアンバーの歌声の迫力はとんでもないです!!

最初聴いた時、すごい!!って心からの声が出ました( ̄▽ ̄)笑。

メルセデスがgleeで歌っているソロの曲は、【Bust Your Windows】です。

原曲は、ジャズミン・サリヴァンというアーティストの曲です。

メルセデスは、ドラマの中でとても怒ってこの曲を歌っていますが、原曲はそんな雰囲気ではなく、落ち着いた曲です。

とてもかっこいい曲です!!

まとめ

いかがでしたか??

本日は、gleeの一番の魅力とも言えるキャストの歌声について、みてみました。

主人公の2人や、主要なキャストがやはり人気だったりはするのですが、gleeでは脇役やそのシーズンにしか出てこないキャストであっても、一人一人個性のある素敵な歌を聴かせてくれるんです(^ ^)

ミュージカルドラマが好きな方はもちろん、見たことのない方もぜひ一度見てみてください!

本日は以上です。
ありがとうございました!