高級レストランでの食事のマナー!
意外と見落とされがちな知らないと恥ずかしいマナーとは!?

高級レストランでお食事…
私も含め、一般市民にとってはなかなか普段の生活ではお目にかかれないことですよね。

食事の際のマナーなんて、テレビで見たことあるくらい…
いつ、どんな理由でそんな機会に遭遇するかはわかりませんよね。

もし、彼氏の両親とのお食事となれば、そこでのマナーで、この女はうちの子にはふさわしくないわ…なんて言われるかもしれません(o_o)

また、結婚式や、記念日に連れて行ってもらったレストランなどでも、マナーをしっかり知っていると、お相手の男性に恥ずかしい思いをさせることもありませんし、この子ちゃんとしてて素敵だなときっと思ってもらえるでしょう。

本日は、これくらいは知っておきたい!
高級レストランでの食事マナーについてみていきます。

高級レストランでの食事マナーとは!?

1.座席の座り方

まず、入り口から遠い方、奥の席というのが【上座】といい、基本的に大事な人や、目上の人が座る席とされています。

座る時には、左側から入って着席。

着席する順番も上座の人から…

また、デートの時には、女性が座ってから男性が座るのが基本のようです。

2.食事中に気を付けたいこと

席に着いてからも、お水や食事に手をつけたり、ナプキンを手に取るのも上座の人が行ってから…

デートであれば、女性からです。

そして、ナイフやフォークなどのテーブルマナーについてはどこの国でも共通です。

コース料理が進むにつれて、置いてあるものの、端から順番に使っていきましょう。

ここで、覚えておきたいのが、ナプキンについてです。

お手洗いに行きたい時など席を立つ時には、ナプキンは必ず椅子の上に置きます。
そして食事が済んだら、机の上に置きます。

また、机の上に置く時には、キレイにはたたみません。
キレイにたたむことは、「おいしくなかった、もうきません」という意思表示になってしまいます。

ぐしゃぐしゃに置くのも見た目悪いですが、適当な感じで置くのが「また来ます」という意思表示になり、良いでしょう。

3.お会計は男性をしっかり立てて…

お会計の際に、女性が男性の隣に立ってお財布を持っている…となると、周りから見ると、この男性は女性にお金を払わせるのかな…と思われてしまいます。

割り勘が悪いことではありませんし、男性が払う決まりなんてもちろんありません。

しかし、世間的にそういう場では、男性がスマートにお会計をしていると、素敵にうつります。
自分が一緒にいる男性が周りからそう思われれば、女性もやっぱり嬉しいでしょう。

それは、後々帰ってから割り勘をしたとしてもです…笑

当たり前のように奢ってもらう女性は、男性に良くは思われませんが、そのように配慮できると「こいついい女だな!」と思ってもらえるのでは…!?

マナーはひけらかすものではない。
一緒にいる相手に合わせることも大切。

例えば、一緒に行ったお相手が間違ったテーブルマナーをしていたり、知らなかったとします。

これを間違ってますよと思いっきり指摘してしまうことは、お相手に恥をかかせてしまいますよね。

女性が男性にそれをしてしまうと、エスコートしようと頑張っていたかもしれない男性は、恥ずかしさからしゅん…となってしまうでしょう。

明らかな間違いは、思いっきりではなく、こそっと直してあげることは必要かもしれませんが、特に目立たないことであれば女性もそれに合わせて、男性の間違いをその場では知らせないことも思いやりかもしれません(^-^)

まとめ

いかがでしたか??

本日は、高級レストランでのお食事マナーについてみてみました。

普段は使わないテーブルマナーを使うとなると、誰でも緊張してしまいます。

しかし、何よりも大切なのは、その空間を同席しているお相手と楽しむこと、お食事をしっかり味わうことですよね。

緊張し過ぎて、マナーにこだわり過ぎて雰囲気が悪くなってしまえば、せっかくの記念日が台無しでしょう。

そこまで神経質にならずに、でも恥をかかない程度にはマナーを押さえておくと、素敵な時間になるのではないでしょうか??

本日は以上です。
ありがとうございました!