資格で役に立つものがわからない!本当に役立つ資格をまとめてみた2018!!

資格試験と言うと、何を思い浮かべますか?

国家資格や民間資格など、資格にも様々な種類があり、業種も沢山ありますよね。。

生きていく上で、役に立つ資格というのが多数存在します。

日本最高峰の弁護士資格から、練習すれば誰でも資格が取れるようなボールペン字の資格まで。。

他にも、ねこ検定や、掃除検定なんていう面白い資格もあります。

ねこ検定は、2017年に始まったばかりの資格です。

猫についての理解を深め、人と猫がより良い関係を築けるためにということで実施されています。

出来たばかりの資格!
ねこ検定持っていることを告げると沢山の人が驚きそうですよね(*´∀`*)

これだけねこが大好きだと証明出来ることに役に立つのでねこ好きの人には、嬉しい資格だと思います!

次に、片付けられない人には朗報の掃除検定!

「そんな資格あるんだー」って驚きませんか?

この資格は、
「あのニュースで得する人損する人」で紹介され、一躍注目を浴びているのです。

掃除に関する基本的な知識が出題される5級から、掃除エキスパートとして木部の洗いやシミ抜きなど、プロを対象にした1級まで5つの区分が存在します。

掃除の正しい知識を得れば、実はそれほど部屋を綺麗にするのも難しく
ないのかもしれません。。
掃除をする時に資格が役に立つのではないでしょうか。

このように、数えれば沢山あり、知名度は低いものの存在している資格も沢山あります(^^)/

それでは、数ある資格の中でも人気の資格とは何なのか?
ご紹介していきます!

人気の資格ベスト15

1位
医療事務

病院・医院で、レセプト作成業務や受付などを行います。
ライフスタイルに合わせて働き方を選びやすく、女性に大人気。

職場が全国にあり、景気にも左右されにくいため常にニーズのある安定した職業です。

2位
調剤薬局事務

調剤薬局で受付やレセプト作成を行い、薬剤師をサポートします。
学ぶ範囲が“薬”の分野に限られているので初学者の方も安心。

家事や育児と両立しやすく、結婚や出産などの転機に強いので、女性に人気の資格です。

3位
登録販売者

薬剤師に次ぐ医薬品の専門家。
ドラッグストアや薬局など職場が全国にあり、企業からのニーズも高いため、就職・転職にも有利。

企業の中には資格手当を設けていたり、時給を高く設定しているところも!

4位
実用ボールペン字

1日20分のレッスンで、文字上達が叶う! お手本をなぞってマネるだけで、きれいな文字を書くコツが無理なく身につきます。

ご自身専用の「お名前・ご住所手本」付きなので、習ったそばからすぐに活かせます。

5位
ファイナンシャルプランナー(FP)

税金、保険、年金などの幅広い知識と視野を持ち、ライフプラン設計を行うお金の専門家。

金融・不動産業界への就職・転職の武器にはもちろん、身近なお金についての知識が身につくので、プライベートでも役立ちます。

6位
保育士

保育のプロであることを証明する国家資格。
近年ベビーシッター、企業内保育所など活躍の場も拡大しニーズも高まる一方です。

7位
マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)

業種を問わず高く評価される、マイクロソフト社公認の世界基準のパソコン資格!

最短1ヶ月の速習カリキュラムで、実務に即活かせるスキルが身に付きます。

8位
食生活アドバイザー(R)

食生活について適切な指導・助言を行う食関連の注目資格。
食品メーカーや飲食店、学校など、幅広いフィールドで活躍できる知識が身につきます。

受験資格に制限がなく、当講座なら2・3級ダブル合格も目指せます。

9位
宅地建物取引士(宅建士)

土地や建物など不動産の取引業務には不可欠な資格。
不動産業界はもちろん、住宅メーカーや金融業界など幅広い業界で評価大!

10位
簿記3級

個人商店から大企業まで広く求められる簿記技能の基礎が身につきます。

学んだ知識は、家計簿などの毎日の暮らしにも役立ちます。

11位
介護事務

レセプト作成やケアマネジャーのサポートが主なお仕事。

デスクワークが中心のため、年齢に左右されにくく安定して働きやすい!

12位
行政書士

市民と行政をつなぐ、実務と法務のスペシャリスト。
少ない資金で独立・開業も目指せます。

法律の入門資格としてもピッタリ!

13位
カラーコーディネート

「色の知識」を学んでセンスアップ!

普段の生活はもちろん、広告制作やインテリアなど、様々な分野での仕事にも役立ちます。

14位
ケアマネジャー

介護が必要とされる方にケアプランを立て、サービスの調整等を行います。
介護保険制度の中核を担う大事な仕事です。

介護福祉士や社会福祉士からのキャリアアップとしても大人気!

15位
社会保険労務士

労働・社会保険に関する手続きを行う、人事や労務のエキスパート。

高齢化や年金不安などの社会問題によりますますニーズ上昇中!

(2017年1月~11月のユーキャンホームページでの案内資料請求数によるランキングより)

 

このように、今人気の資格は、職場に困らない医療事務や介護事務、資格があれば優遇されるマイクロソフトオフィススペシャリスト、あとは生活で関わってくる食生活アドバイザー、簿記3級。。

高齢化社会に伴って、ケアマネージャーや社会保険労務士!
さらに、人手不足だと言われている保育士などに注目が集まっています(^_^)

でも、資格を取るのなら、役に立つ資格を取りたくありませんか??

役に立つ資格とは?

役に立つ資格となると、目的によってバラバラだと思いますし、視点を変えれば役に立つ資格ばかりだと思います。

今ランキングで上げた資格については、就職に対して、人生を生きていくについて密接に関わっているのであらゆる場所で必要となってきます。

そのため、役に立つ資格だと言えます!

それでは、ここで少し視点を変えた話をしてみましょう。

例えば、30代の男性が調理師の資格を取得したとします。

職業はサラリーマン。
結婚をしていて料理を作るのは全て奥さん。
奥さんが料理を作れない日は、外食をする生活。

つまり、今現在の状況から言えば、使うことがない調理師資格。。

使い所がない=役に立たない資格なのでは?と思いませんか?

確かに一見すると料理をする場面がないため、不要なのでは?と考えてしまいがちなのですが、、
そんなことはありません。。

奥さんが病気になりました。
それも短期間で治るような病気ではなく、長期間に渡る病気だとしましょう。

今までと同じように外食をしてもいいですが、栄養を取った方がいいと感じ、料理を作る。

この時に調理師は役に立つ資格へと変わります。。

他にも、サラリーマンをしていましたが、リストラされました。
自分でお店を持ちたいと思った時、調理師資格は役に立つ資格へと変わります。

このように使い所や使い方、考え方によっては生活に携わっている資格は場合によれば、役に立つ資格だと言えるのではないでしょうか。

資格があれば、自分の可能性が拡がりますし、今まで出来なかったことも出来るようになります。

中でも、万人受けをし、生活をしていくにあたり、絶対的に役に立つ資格も存在します。

その資格とは何でしょうか?

絶対的に役に立つ資格とは??

私が個人的にオススメするのは、12位にランキングした【行政書士】です。

実は、私達は。生活していく中で、ありとあらゆる場面で法律と関わっています。

例えば、道を歩くときには道路交通法、買い物をするには売買契約、選挙へ行くには参政権など。

基本的には、きちんとしたルールがある上で、ルールにのっとった生活を送っています。

このように色んな権利や義務が存在し、その中で生活しています。

今の話を聞いて難しい法律用語で頭が痛くなった人もいらっしゃるのではないでしょうか?

難しくて頭が痛くなるような科目だからこそ、手をつけないし、知らない人が多い。。

だからこそ、オススメします!

法律とは色んな使い方が出来ますし、実は規制するだけではなく、使い方によっては自分達を守ってくれる心強い守り神のような存在です。

トラブルが起こってから、「どーしよー」とパニックになり、解決法がわからず、結局は自分が不利な結果で終わってしまった…って思うことありませんか?

知識がないことにより、上手く丸め込まれてしまう、抵抗が出来なくて辛い思いをした人がいるのではないでしょうか。

法律の知識があるのとないのとでは生き方が全然違います。

法律を知っていれば、自分を守る事が出来ますし、もちろん相手に攻撃することも出来ます!!

行政書士になることを目的として資格を取得するわけではなくても、法律を勉強することによって、社会の仕組みを知る事が出来ますし、もっと視点を拡げた考え方も出来るようになります(((o(*゚▽゚*)o)))

法律の資格と言うと、行政書士の他にも司法書士、弁護士などもありますが、より生活して行くために身近に関わっていける資格が、行政書士です。

そのため、他の司法書士や弁護士に比べて難易度も低いのでまだ手軽に挑戦はできる資格だと言えます。

行政書士資格とは、他の資格に比べても生きていくために、相当役に立つ資格です。

是非取得してみて下さいね(≧∀≦)