【FP】独学で合格するための秘策はあるのか!?

最近よくテレビなどでも紹介されている、FPって知っていますか?

FPという言葉を1度は耳にしたことがあるかもしれません。

人気の資格 FP

FPのことをファイナンシャル・プランナーと言います。
FPとは、財政・財務・金融などに関わる企画や計画を立てる人のことです。

最近は鰻登りに人気が上がってきており、人気ランキングの上位に入っています(((o(*゚▽゚*)o)))

試験が難しいのかと思いきや、「独学で3か月勉強しただけで取れたー!」なんて人もいらっしゃいます。

生命保険会社や銀行にお勤めの人であれば、会社の方から取得要請がくるぐらい、あれば、有利になる資格です( ´ ▽ ` )

独学で取れる人もいるのですが、FP とは、一体どのような資格なのでしょうか??

そして、独学ではどのように勉強すれば、受かるのでしょうか?

勉強していくにあたって、まずは、FPとは一体何なのか?
どんな仕事をするのかを具体的にお伝えしていきます!

FP(ファイナンシャルプランナー)とは

人生の夢や目標をかなえるために総合的な資金計画を立て、経済的な側面から実現に導く方法を「ファイナンシャル・プランニング」といいます。

ファイナンシャル・プランニングには、家計にかかわる金融、税制、不動産、住宅ローン、保険、教育資金、年金制度など幅広い知識が必要になります。

これらの知識を備え、相談者の夢や目標がかなうように一緒に考え、サポートする専門家が、FP(ファイナンシャル・プランナー)です。

(日本FP協会より)

このように、FP(ファイナンシャルプランナー)を簡単に言うと、
相談相手の人たちのライフプランニングの相談にのったり、計画を立てる人のことです!

FPは、相談者の夢や目標を達成するために、まずは、ライフスタイルや価値観、経済環境、家族状況、収入と支出の内容、資産、負債、保険など、あらゆるデータを集めて、現状を分析!!

そして、相談者の立場や、ライフイベントを考慮したうえで、長期的かつ総合的な視点でさまざまなアドバイスや資産設計を行い、その実行を援助します。

FP試験に求められるのは大きく分けてこの6つです!

1. ライフプランニングと資金計画
2. 金融資産運用
3. タックスプランニング
4. リスク管理
5. 不動産
6. 相続・事業承継

 

この6つの分野を勉強し、試験を受けることになります。

独学で賄えるのでしょうか?

FP試験の種類

FPの資格には、国家資格と、民間資格とがあります。

国家資格

国家資格は、ファイナンシャル・プランニング技能士で1~3級まであります。

金融財政事情研究会と日本FP協会という2つの団体が実施しています。

級が上がるにつれて試験の難易度や資格取得の難易度は上がります。

民間資格 AFPとCFP

FPの民間資格は、「AFP(アフィリエイテッド ファイナンシャル プランナー)」と「CFP(サーティファイド ファイナンシャル プランナー)」という2種類です。

まず、AFPは日本FP協会の資格認定会員です。

AFP認定研修を修了して、かつ2級FP技能検定(兼AFP資格審査試験)に合格し、所定の期間内に日本FP協会に登録することでAFP資格が授与されます。

AFP資格認定会員は、年会費12,000円で、2年ごとに資格を更新します。また、AFP認定者には継続教育が義務付けられており、2年間で15単位を取得することが資格更新の要件です。

もう1つの上級資格が世界20カ国・地域で導入された世界共通水準のライセンスであるCFP資格です。

CFP(CERTIFIED FINANCIAL PLANNER)資格は日本では、FPSB(FINANCIAL PLANNING STANDARDS BOARD LTD.)との提携によって、日本FP協会が認定しています。

高度なFP技能を持ち、徹底して職業倫理を身につけたファイナンシャル・プランナー(FP)のみが持つ資格です。

CFPは4Eと呼ばれる教育・試験・経験・倫理を満たし、実務のプロセスである6ステップに基づいたサービスを提供できるFPに資格が与えられ、世界で認められた共通水準の資産管理を行うことができるプロフェッショナルであると証明する資格です。

このように、自分がどこのレベルの試験を受けるかにより、変わってきます。

まずは、FP3級から始めてみてはいかがでしょうか??

それでは、独学でも合格出来るのか?検証してみます!

FP3級の独学勉強方法

FP3級の試験は、学科実技ともに6割取れればFP3級に合格できます。

FP3級の学科では60問出題されます。
60問中30問が○×問題、残り30問が3択問題です。

問題が全く分からなくても、確率的には30問(1/2)+30問(1/3)=25問正解することができます。

つまり、何もわからなくても25/60=41%取れるのです。

正答率の6割到達するためには、60問中36問あっていればいいので、そこから何も考えなくても確率的にある25問を差し引くと、11問だけ正解すればいいことになります。

こう考えてみると、正答率6割で合格というのはさほど難しくないですし、充分独学でやっていけると言えるのではないでしょうか(*´∀`*)

合格率や難易度は気にせず、しっかりと勉強すれば誰でもFP3級は合格できるはずです。

合格するにあたり、FP3級に合格出来るような計画を立てること
そして、そのための準備として、合格するためのテキストと問題集をきちんと選ぶことがを独学で合格するための大きなポイントになります!

計画というのは、まず、FP3級はどのような出題傾向にあるのかを探ることからです。

去年や一昨年には、どのような問題が出て、どのような場所が問われやすいのか試験の傾向を知ります。

その後は、具体的にいつ勉強するのか朝なのか夜なのかを決め、独学で勉強するために、毎日どれくらいのペースでやっていくのかをしっかり計画を立てます(^_^)

ただ闇雲に出来る分だけ勉強をするとか、やる気があるときだけやり、やる気がないときにはやらないというようなことをしないように気をつけましょう。

そして、準備するものとしてFP3級を独学で受験する場合、テキスト選びが最も重要になります。

テキスト選びが重要!!

独学では、スクールのように効率よく勉強できるテキストが準備されているわけではないため、自分で判断して購入しなければいけません。。

数ある中から、独学で勉強しやすいテキストを選ぶことが効率よく合格できる秘訣です。

沢山テキストがある中で、自分なら続けられそうだと思うテキストを選んでみて下さい(*^-^*)

さらに、中古で昨年度のテキストが安かったからという理由で、テキストを選ばないように注意が必要です。

FP3級の問題傾向は基本的には変わりませんが、法改正で内容が変わることがあるからです。

去年まではこういう制度があったのに、今年から制度が変わった…というのはよくある話であり、昔の制度では問題の解答が立ちいかなくなることもございます。。

世間は耐えず、時代の流れに合わせて変化を続けているので、毎年更新されていく最新のテキストに合わせた勉強をすることをおすすめします!!

さらに、テキストを複数用意するのではなく、自分が惚れ込んだ参考書1冊と問題集1冊だけを購入して徹底的に勉強するようにすることがコツです!

独学での勉強となると、あちこちのテキストに手を広げてしまいたくなたったり、目移りしてしまう傾向にあります。
さらに、自分はこのままで大丈夫なのかなと不安になることも多いかとは思いますが、自分が選んだテキストと問題集のみ勉強するということに徹するようにして下さい!!

テキストによっても、書いている内容のニュアンスが違うものもあります。

同じことを説明しているのですが、表現方法が違うため、理解していた問題も、「あれ?わかっていたつもりやったのに本当は解釈の仕方が間違っているのかな」と自信を無くしたり、混乱を招く元になってしまう可能性があります。。

そのため、他のテキストや問題集には手を出さず、自分が決めたテキストと問題集を徹底的に勉強をするということが、何よりも独学で勉強する時の合格までの近道です!!

まとめ

いかがでしたか?

今回は、行政書士を独学で勉強していく時の大切なことをお伝えしました!

独学で勉強していくにあたり、合格するための計画と、テキストと問題集を1つだけに絞ることがかなり大切なことになります(≧∇≦)

是非参考にしてみて下さいね。