若ハゲの原因は??20代でもハゲないわけじゃない!!

若ハゲになる原因は昔からいろいろと言われていて、20代でも脱毛症になる人はたくさんいます。

また最近では、 AGA(男性脱毛症)治療という広告をよく見かけると思います。

この、薄毛や男性脱毛症の治療技術はかなり進歩しており、しっかり治療すれば治る物になってきています。

私の周りの人でも最近育毛剤や育毛シャンプーなどを使用して【脱ハゲ】(抜けてるのか生えてるのかよくわからない表現ですが)してフサフサになった人が数人います。

かく言う私も若ハゲに悩んでいる最中で、原因の追求と育毛に奮闘中の20代後半の男です。

今回は、若ハゲの原因になること、20代でも薄毛になる危険性についてお話しして行きたいと思います。

「若ハゲ」記事は私と同じく若ハゲに悩む人や、身内・知人に若ハゲで悩む人がいる人にもぜひ見ていっていただきたいと思います。

若ハゲになる原因は??20代でも安心できない理由とは??

若ハゲとは

若ハゲとは、そのままの意味で10代や20代など、若いうちから薄毛や脱毛症になることです。

しかし、『若ハゲ』や『若年性脱毛症』といった医学的な用語は実際にはないそうです。

まず薄毛や脱毛症と言われる原因ですが、髪の毛には下記のようなサイクルがあります。

【毛周期】
・成長期(伸びる)
・退行期(抜ける)
・休止期(皮膚の下で休んでいる)

薄毛や脱毛症というのは、この【毛周期】のサイクルの中の成長期が短くなり、退行期が早く訪れる事によって、髪の毛がある時期よりも抜けている時期の方が長くなり、「ハゲ」に見えてしまうそうです。

実は「ハゲる」ということに年齢は関係なく、加齢とともにリスクが増えるというだけで誰にでも可能性はあるそうです。

乱れた食生活や睡眠不足、ストレス、他にも喫煙や飲酒、過度な染髪などなど…

現代人は若ハゲの原因がいっぱいあります!!最近の20代なら全て当てはまる人がいてもおかしくないのではないでしょうか??

若ハゲの原因になり得るもの

よく「親がハゲてるから」「祖父がハゲだったから」と自分の血筋に脱毛症の人が多かった事を口にする人がいます。

これはあながち間違いではないそうで、【遺伝要因】として若ハゲの原因の1つにもなっているそうです。

身体がピークを過ぎて少しづつ体内のバランスが崩れ始める20代後半で症状が出る人が多いそうですが、これはたんに遺伝要因だけではなくこれまでの生活習慣も大きな原因の1つであると言われています。

生活習慣は、【環境要因】として若ハゲの原因の進行に大きく関わる問題で、10代の頃にしてきた無茶が20代の頭皮に現れている可能性があります。

主な原因は、
・睡眠不足
・栄養不足
・ストレス
・脂分の取り過ぎ
・塩分の取り過ぎ
・喫煙
・アルコールの取り過ぎ
・運動不足
・頭皮へのダメージ

このようになります。

特に、塩分や脂分の取り過ぎは毛穴をギトギトにしてしまい、頭皮の環境を悪くしてしまいます。

最近では、ジャンクフードのお店も増え、24時間営業のお店もあり手軽に食事ができてしまいますよね。

ネットカフェなどの発展も便利ではありますが、店内での飲食などで体内リズムが狂ってしまっている人もいるのではないでしょうか。

髪の毛を脱色して染めていたという人も頭皮へのダメージがかなりあると思うので要注意です。

などなど、現社会人に根付いている文化のほとんどが若ハゲに直結する原因になり得るようです!

20代だからといって油断しているといつのまにか髪の毛が薄くなっているかもしれません。

この中で私はというと、主に睡眠不足、栄養不足(偏り)、ストレスといったところでしょうか。

父親も30代に入った辺りから脱毛症となり、今では丸坊主です。

それを気にして私は一度も髪を染めた事もなく、スポーツが好きで体力が落ちて欲しくないと思っていたのでタバコも吸ったことがありません。

なので個人的には、環境要因よりも遺伝要因の方が強いのではないかと勝手に思っています。

若ハゲを気にする20代がやってはいけない事

若ハゲを作る原因を挙げてみましたが、 1番危険なのは「20代でさすがにハゲないだろう」と見て見ぬ振りをしてしまう事です。

「自分がハゲる訳がない」「この歳でハゲにはならないだろう」という気持ちから対策が遅れてしまう人もいるようです。

私も1年半くらい前から周りに「もしかして薄くなった??」と聞かれていましたが、「最近美容室を変えたから髪のすき方が違うのでは?」と現実を受け止めずにいました…

しかしある時、同僚と飲みに行った帰りの自分の様子を動画で撮られていて、後日後輩と一緒にその動画を見て愕然としました。

「…この1年ですっかりハゲましたね。」という後輩の一言でトドメをさされ、その日が私の育毛記念日になりました。

鏡に映る自分を見ても、どこかごまかしのきく角度で見ていたりするので、私のように本当に薄い部分から写真や動画を撮って見ないと気付けない場合もあると思います。

若ハゲは早期治療で十分治るそうなので、間違ってもこのタイミングで「ハゲたらハゲたで仕方ない」と諦めたり開き直らずに育毛して行きましょう!!

昔は、髪が短い時は立っていたけど、最近は短くても髪が寝るようになった、髪が細くなって地肌が見える。

これらは若ハゲ進行中のサインかもしれません!(私はこの順番で薄くなっていきました。)

見て見ぬ振りをせずに原因を突き止めて20代のうちに歯止めをかけましょう!

育毛する前に自分の体質をチェック!!

若ハゲの原因をいくつかあげましたが、20代でも30代でも育毛に入る前に自分の体質をチェックする必要があります。

育毛シャンプーなんかを調べてみると分かるかもしれませんが、

『乾燥肌用』

『脂性肌用』

などの種類があります。

自分の頭皮が乾燥からフケなどが発生し、毛穴を塞いだりして菌やカビなどが発生している場合や、脂漏(しろう)性皮膚炎などで皮脂が過剰に分泌されている場合。

あまりにこれらの症状がひどい場合はAGAの問題だけではないかもしれないので育毛よりもまず病院に行くことをおススメします。

何よりもストレスを溜め込まないように

ストレスフリーというのは今の社会では難しいと思います。

そして薄毛の時期というのは頭も気持ちも寒いものですよね。

私は身内に「ハゲ」をネタにされる事はなんとも思わないのですが、あまりよく知らない人に頭を見られた気がした時にすごく不安な気持ちになります。

接客業をしているため、多くの人にお出迎えやお見送りに頭を下げますが、その際「ハゲてると思ったかな?」と考えるとすごく悩ましい気持ちです。

ちなみに、

(髪の毛を…)

(右に集める!!)

自分の気を紛らわせるために、こうしてちょっとしたごまかしもしています(^^)

丸っきり抜けきってしまうよりもこの中途半端な具合がなんとも言えません。

だからこそ、まだまだ育毛やAGA治療で何とかなる状態なんだと今は前向きに捉えています。

まとめ

いかがでしょうか??

今回は、若ハゲの原因や20代でも薄毛になる危険性について簡単にお話しさせていただきました。

薄毛や脱毛症が進行してきて少し諦めかけていた人は、この記事を見て若ハゲ対策に乗り出してもらえたら嬉しく思います。

個人個人の体質で若ハゲの原因は違います。

20代で薄くなっても後ろ向きにならず、一歩ずつ【脱ハゲ】して行きましょう!

最後までありがとうございました。