【Xファイル】でスカリー降板!!その意外な真相とは!?

【Xファイル】といえば、シーズン11も放送され、過去に劇場版まで作成された超人気海外ドラマです。

しかし、このシーズン11でダナ・スカリー役のジリアン・アンダーソンさんの降板が決定しているようです。

先週開催されたポップカルチャーの祭典、ニューヨーク・コミコンで行われた記者との質疑応答で飛び出したもの。
シーズン11の後も出演を継続する可能性があるかという記者の問いに、ジリアンは「いえ、私にとってはこれ(シーズン11)が最後になると思います」と話したという。

ジリアンはさらに、シーズン11に出演することにした理由を聞かれると、「(前シーズンで)終わった気がしなかったから。ファンが期待していたことを全てやりきったとは思えなかった」と答えている。
(海外ドラマNAVIより)

この降板のニュースにファンは肩を落としています。

【Xファイル】でスカリー降板!!

「Xファイルはモルダーとスカリーがあってこそ!!」

Xファイルといえばモルダーとスカリー、モルダーも一時期ほとんど出演しなくなった時にはみんなの間に動揺が走りました。

スカリーも同じ、当たり前ですがXファイルに欠かせない存在です。

例えスカリーがいなくなってもモルダーは残ってくれるもよう。しかし、スカリー抜きのXファイルなんてお蕎麦が入ってない天そばのようなもの。

ぜひ続投してほしいです。
(「海の向こうには」より)

 

自分にとって『X-ファイル』とは『モルダーとスカリー』なんです。
どちらが欠けても『X-ファイル』とは思いたくありませんでした。
シーズン2でスカリーの登場が少なかった時はとても寂しく感じたものです。
(Yahoo!japan映画より)

 

Xファイルが2018,シーズン11でファイナルになるかは知りませんが、スカリーがシーズン11で卒業、つまり降板してしまうことは確実となっています・・・

ジリアン・アンダーソンが2度もそうコメントしているので、揺らがない事実ってかんじでショック・・・

今後Xファイルが続くとしても2度と一切でないってことですよね・・・・。たまーにだけでも出てくれるならいいのに・・・。

なんかスカリーが散々な目にあってるので(1話で既に)まさか死んで終わったりとかしないか心配です・・・。

とにかく、これで最後のスカリーになるのは間違いないようなので、たくさんの方にシーズン11を見てもらいたいですね・・・ はぁ・・・
(「レビューやランキングby海外ドラマニア」より)

ファンにとってはやはり、モルダーとスカリーの掛け合いなどが好きで見てきたという人も多いのではないでしょうか。

しかし、 『モルダーとスカリー』でXファイルを考えているのはファンだけではありません。

FBI特別捜査官ダナ・スカリーを演じているジリアン・アンダーソンは、昨年10月にニューヨークで開催されたコミコンで、出演は第11シーズンが最後だと宣言。
その後、クリスはColliderのインタビューで、
「僕にとっての『X-ファイル』はモルダーとスカリーなんだ。スカリーなしでは僕はやらないと思う。それは僕の中の『X-ファイル』ではないからね」と語り、これが最終シーズンになるものと思われていた。

しかし、ここにきて考えを変えたようだ。
「本当にこれで終わりですか」との問いに彼は、
「わからない。『X-ファイル』にはまだ語れるストーリーがあると思う。ジリアンありでも、なしでもね。彼女が去るのは残念だ。彼女なしでこの番組を続けることは考えたこともない。終わりかと聞かれれば、何かの終わりであることは確かだ。新しい何かの始まりなのかはわからない。でも、今後どうするかはみんなでじっくりと考える必要があるだろう」と続行の可能性を残す答え方をしている。
(シネマトゥデイより)

クリス・カーターさんもXファイルにはスカリーがいないとと思っている様子。

しかし、仮にスカリー抜きでXファイルが続投された場合には、その時のXファイル人気はどうなるのでしょうか??

ジリアン・アンダーソンさんのその後は??

Xファイルのスカリーが最も有名な持ち役ですが、ジリアンさんはドラマだけでなく映画にもよく出られます。

Xファイルが放送されるよりも前、Xファイルが復活するまでの間、この期間には映画や舞台、他のドラマにも出演していて大人気です。

Xファイルでは何度も賞を獲得していて、とうとう今年、【ハリウッド殿堂入り】されたようです。

日本でも人気のテレビシリーズ「X-ファイル」のFBI捜査官ダナ・スカリー役で知られる女優ジリアン・アンダーソンが、ハリウッド殿堂入りを果たした。
式典を主催する Hollywood Chamber of Commerce によって明らかになった。

式典は1月8日午前11時半(現地西海岸時間)にハリウッド・ブルーバードにあるフォックス・シアターの前で開催され、ゲストスピーカーとしてジリアンが出演したドラマ「ハンニバル」「アメリカン・ゴッズ」のクリエイター、ブライアン・フラーや、「X-ファイル 2016」に出演したジョエル・マクヘイルなどが参加した。

ジリアンは、1968年米国イリノイ州シカゴ生まれ。
大学で演劇を学び、オフ・ブロードウェイなどで演技経験を積む中、「X-ファイル」のオーディションでダナ・スカリー役を射止めた。
同作で、エミー賞やゴールデン・グローブ賞を受賞している。その後、映画『ラストキング・オブ・スコットランド』『シャドー・ダンサー』などの秀作にも出演。また近年では舞台「欲望という名の電車」でロンドン・イブニング・スタンダード・シアター・アワードを受賞している。
(シネマトゥデイより)

ハリウッドの殿堂入りといえば、ハリウッド・ウォーク・オブ・フェームに星が入れられる偉業とも言える物です。

最近ではミニーマウスも殿堂入りしたことがニュースになっていましたね。

星のプレートのマークはテレビだったのでやはりXファイルのスカリー役が大きく貢献しているのだと思います!!

直近で出演した映画は映画自体が不振に終わっているので、やはり今後も殿堂入りしたジャンルのドラマでの活躍の方が多くなるのでしょうか。

スカリーが見れないのはやっぱり残念

ハリウッド・リポーターによると、ジリアンは「スカリーから引退する時が来たわ。ただそうなったのよ。私はやり遂げたというだけ」と発言したという。
(T?SITEより)

 

「これが最後のスカリーなの。今は、色んな役を定期的にオファーされているわ。そういう自由のない状況に自分を縛り付けるのは、非生産的で、自分の気持ちに反していると感じるの」
(海外ドラマNAVIより)

ジリアンさんの意思が思ったよりも固そうですし、以前からXファイルの現場への不満やギャラ問題、いろいろと積もってきた物があったのかもしれません。

スカリー大好き。クレバーな感じと可愛い感じがステキ。モルダーも病気から復活★
(Amazonプライムレビューより)

 

モルダーとスカリーは老けていたけど、久しぶりに会う親戚みたいな感じで「お互い老けたよね」って再会を懐かしむ感じで見始めました。2話、3話と進むうちに、コミカルでほっこりする話もあり、Xファイルらしさは変わっていなくて、どんどん没頭してしまいました。★1個減らしたのはシリーズが6話しかないからです。早く続きが見たい!
(Amazonプライムレビューより)

 

懐かしかった~ただ、ちょいと展開に無理があるような…
でも、大好きなモルダー&スカリ-に再会できて、とっても幸せ! 早く続きが見たいです。
(Amazonプライムレビューより)

今後、Xファイルにスカリーがいなくなってからのみんなの気持ちのやり場がどうなるか想像もつきませんが、ジリアンさんが他の作品に出演されていた時はすかさずチェックしたいですね!

最後までありがとうございました!